【Travel With Dog 発起人からの願い】

ご登録のご希望、感謝申し上げます。
ご登録いただく前に、同志の皆様に、少しだけ私、中村貴徳の想いをご説明させてください。

Q:なぜ現在わが国には、ペットの宿泊ができない宿がこんなにも多くあると思われますか?
A:それはあなたの愛犬が、むやみに吠えたり、お部屋を汚したり、周りに配慮できない飼主だと思われているからかもしれません。

Travel With Dog 発起人、中村貴徳は、最愛なる愛犬・かんたろうが、日本中の全ての宿泊施設の方から「家族ですから一緒にどうぞ」と受け入れてもらえる世の中の実現を目指しています。
私は年間、約 60 軒もの「高級」と言われている、ホテル・旅館に愛犬「かんたろう」と共に宿泊をしています。
その際には必ず「もっとペットが泊まれる部屋を増やしてほしい!」と宿オーナーの方に直談判をしているのですが、決まって以下のようなことを言われます。

  • 吠えてうるさいでしょう?

  • 粗相をしたり、部屋を傷めたりするでしょう?

  • 臭いがあるでしょう?

  • 犬が嫌いなお客様もいるでしょう?

でも、考えてみてください。これらはしっかりとした躾とケア、ロビーなどの共用部分では、必ずキャリーバッグを使用するなど、飼い主側の配慮、努力によって避けられる問題ばかりではないでしょうか。実際に私と愛犬・かんたろうの宿泊を機にペットの受け入れに前向きになってもらった宿泊施設の例もいくつもあるのです。

私は、宿経営者の方々が「犬を泊めるとトラブルになる」という思い込みにより、多くの愛犬家の行動が制限されている現状に腹が立ち、風穴をあけ続ける役割を、微力ながら果たしているという自負があります。
しかしながら、まだまだ日本の宿泊施設におけるペットの受け入れは厳しく、ペット先進国に比べて大きく遅れていると言わざるを得ません。

そこで、しっかりとした躾ができている飼い主だけを集めさえできれば、私たちの目の前にそびえたつ壁を越えられると確信をしTravel With Dog サポーターズクラブを立ち上げました。人々の思い込みを変えるには、実践しかありません。マナーを守り、周囲に配慮できる飼い主たちと、きちんと躾けられた愛犬たちの姿を見せることでしか、人(宿オーナー達)の考えを変えることはできないと思ったからです。
既に、伊豆・浮山温泉にある、超高級宿である「坐魚荘」がこの企画に賛同され、ペット受入れを開始してくださいました。

ペットと暮らすことは子育てと同じです。
ただ居場所(部屋)と食事を与えられて好き放題に育つ子どもと、誰と同席させても問題がないようきちんと教育を受けた小さな紳士淑女とでは違いますよね。「むやみに吠えかかってくる」「うんちをしてもとらない」「犬が嫌いな方にも配慮をしない」、そういった無責任な飼い主に育てられている犬と、私の愛犬・かんたろうを一色にしてほしくない!「犬だから」と十把一絡げにされたくない!というのが私の偽らざる正直な気持ちです。

Travel With Dog サポーターズクラブは、会員数にはまったくこだわってはおりません。
むしろ、徹底した教育ができていない方が会員となってしまうと、せっかく良識ある会員の方々が創り上げてきた信頼が一気に崩れ、「やっぱり犬は迷惑だ」と思われてしまうのが嫌で仕方ありません。
「TWD サポーターズクラブ会員なら、安心して宿泊してもらえる」という信頼を勝ち取ること。
これこそが私たち愛犬家と愛犬たちの目指す「旅」の可能性を拓いて行くのではないでしょうか。

「可能性はそこにある」そのことに気づかなければ拓きません。
道は誰かが歩かなければ、そこに道ができることはないのです。

私は、愛犬たちが真の家族として認められるために、飼い主としての責務を果たす覚悟がある方々とのみ
愛犬を連れて旅行に行くことが「当たり前」と言われる未来を築き上げていきたい願っています。
この私の考えにご賛同いただける方のみ、どうぞ未来へと続く扉のボタンへとお進み下さい。

TWDサポーターズクラブ会員登録はこちら

[1/3] 第1章:起業「母との約束」
中村 貴徳とは