わんにゃんドーム 2017 in ナゴヤドーム

東海地区の人気イベントに初出展”愛犬との良質な旅”を提案

毎年約6万人の来場者が訪れる東海地区最大級のペットイベント『わんにゃんドーム』
第14回目を迎える今年は、2017年2月 18 日、 19 日の2日間で愛知・ナゴヤドームで開催された。

 同イベントでは世界中のいぬ・ねこと触れあうことができるコーナーや、ステージイベントが充実。
Instagram のフォロワー数250万人の柴犬まるくんやY!mobile のCMでおなじみのふてニャンなど、豪華メンバーもイベントに勢揃いした。

 他にも、ペットの飼育環境や健康に関するショップ、ペットグッズのショップなど多数出展されており、同イベントはペットの流行発信地としても、注目を集めている。

 その人気イベントにメルセデス・ベンツが初出展。展示コーナーではトラベル・ウィズ・ドッグと共に、愛犬と行く優雅な旅」のご提案。

 ブース内では、憧れの人気車種『G-Class』が展示され、試乗希望者も多数いた。

 

  愛犬家は車の所有率がとても高い。車内で使用する愛犬のためのグッズに性能やおしゃれ感を求める愛犬家にとって味深いブースとなったようだ。車種についてだけでなく、愛犬グッズや愛犬との旅についてご質問やお問い合わせをいただいた。

 また、メルセデス・ベンツとマザーカートがコラボで展開するペットカートをはじめ、その他オリジナルグッズへの関心も高いものとなった。メルセデス・ベンツのエンブレムがついたグッズを楽しそうに手に取る方もいた。

 

 

 ブース内イベントとしては、無料宿泊券が当たる抽選会が実施され、アンケートもこれまでに無いくらいのたくさんの方にご協力いただき、大盛況となった。

 様々な提案を行う中で、東海エリアから愛犬と旅に出かけるのにアクセスの良いホテル、ゆったりした空間を味わえる温泉旅館など、以前に比べ趣味嗜好に合わせたもの・選択肢が増えたことに驚きを見せる方が多くおられた。

“愛犬を伴って旅行をする”傾向

 今回のイベントで興味深いところは、多くの宿泊施設がブース出展をしていたところだ。
“愛犬を伴って旅行をする”という傾向は、関東圏在住のペットオーナーが中心だったところから他のエリアにも浸透していることに変化を感じた。

 配布をした本誌も配布する手が追いつかず、スタッフに増援を求めたほどの活気で愛犬との良質な旅を発信する良い機会となった。

 来場者は県内外さまざまで、『これから埼玉へに帰ります』、『関西から来ました』など、遠方から足を運んだ犬家も多くブースを訪れた。東海地区においても首都圏と変わらないほどの賑わいと関心の高さに今後の期待が高まるイベントであった。